京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2019年10月29日

 川原の身体が綺麗に円を描く。副島は早めにスイングを始動した。ここでスクリューはない。ボールになる可

" 川原の身体が綺麗に円を描く。副島は早めにスイングを始動した。ここでスクリューはない。ボールになる可能性があるからだ。ストライクで、かつ打たれないと確信するストレートのはずだ。
 副島の読みは当たっているている。それは滋賀学院バッテリーも承知の上だ。それでも、滋賀学院バッテリーは打たれない自信があった。
 対して、副島は川原と対戦した最初の打席で、打てそうな球はほぼ無いと察していた。あるとすれば、この外角のストレートだ。これだけは川原のストレートの威力が強いだけに、逆らわず振れば、一、二塁間を転がってくれる可能性がある。
 この筋書きを、一人の男が読んでいた。やはり、滝音だ。
 滝音はわざと一、二塁間の間隔を開けられるように、無理に大きなリードを取ったのだ。
 牽制が来れば刺せる。そう感じた一塁手が数歩一塁ベースへ守備位置を寄せた。二歩ほどの広さで一、二塁間の間隔が開いた。

 完璧なコースにストレートが伸びてくる。だが、コントロールが完璧過ぎて、それは副島がここだと思うコースそのものであった。伸ばしたバットが川原のストレートを弾く。

 カキィン!

 力を入れず、川原のストレートの勢いそのままを利用する。打球が一、二塁間を転がる。わざとその打球と重なるように滝音が走る。一塁手、二塁手と続けて横っ飛びするが、僅かに届かない。広い一、二塁間をしぶとく副島の打球が抜けていった。

 甲賀高校、2アウトながら、満塁のチャンス。
 川原が膝にがっくりと手をついて、ライトが捕球する様を眺めていた。その先にスタンドがお祭り騒ぎで黒いメガホンを叩き合っているのが見える。
 汗が雨のように額から落ちてくる。冷や汗でもある。相手ピッチャーの出来からして、ここでもう1点取られたら、負けるかもしれない。

 川原の冷えた汗を見て、滋賀学院のベンチ奥から一人の男が動いた。静かに席を立ち、一気に闘志に火をつけた。
 
 お祭り騒ぎの甲賀を応援するスタンド。ハイタッチを交わす甲賀ベンチ。
 この高揚が5分後、静寂に変わる。"



Posted by Curryson  at 18:20 │Comments(1)

この記事へのコメント
思わず熱くなる
展開ですね。
けん
Posted by guildguild at 2019年10月29日 21:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Curryson